人面犬はオジサン顔

人面犬は、顔が人間の中年男性で体は犬…そして喋るという有名な都市伝説生物。オカルト研究科の山口敏太郎氏はこう説いている、人面犬はリストラされ自殺した中年男性の怨念が犬に取り憑き今に至ると。

また様々な角度から色んな説が飛び交い、環境汚染により生まれた突然変異や人口的に手が加えられたキメラだという情報も浮上しているのです。そして人面犬は口が悪く、とても足が速いというのも有名な話です。

◆人面犬は都市伝説界のマスコットキャラ?
人面犬の濃厚なキャラクターは様々な創作物の中で生き生きとしていて、その姿はまさにマスコット。事実オッサンのような顔をした普通の犬もいることから、見慣れてしまえばとても可愛く感じてしまうのだろう。

まさにキモ可愛いという言葉がピッタリですね、日本のホラー映画ではニノキンの愛称で親しまれる二宮金次郎像と同じぐらい出演回数も多いようです。

このようにまったく怖い一面が見つかりません、唯一怖いというか嫌だなと思った事は人面犬に噛まれたものは人面犬になってしまうというポイントだけ。きっとこれは、少しでも怖い一面をいれようと狂犬病をモチーフにした後付け設定なのだと思っています。

検索