オカルトを楽しむためには警戒も必要

今日では、スマートフォンなどを使用して、さまざまな場面でネットを利用しているという方も多いかもしれません。
Twitterなどを使用すれば、いつでもどこでも世界中に向けて情報を発信することができるようになっています。
どうせ自分の書き込みなんて知り合いくらいしか見ないから…なんて気持ちで利用していると、大変なことになってしまうかもしれません。

◆あなたの作ったオカルト話が…
オカルト好きな方の中には、怖い話を創作することを楽しんでいる方も少なくないかもしれません。
最初からそれを創作として公開するのであれば何の問題もありませんが、ちょっとしたイタズラ心から、実際の話であるかのように、TwitterなどのSNSに投稿してしまうと、それに振り回されてしまう人が出てくる可能性だってあります。

たとえば、どこかで悲惨な事件がおこり、それが原因で大量の霊がうろついている…なんてデマを撒いてしまったとします。
場所の特定が可能な形でそんなデマが拡散されてしまったらどうなるでしょう?

このように、軽い気持ちであなたがTwitterなどのSNSに投稿したものが、広がり、全国規模の噂話になってしまう可能性だってないわけではありません。
ネットの世界での噂話の取り扱いには注意するようにすべきでしょう。

検索