復讐に燃えた人形メリーさん

メリーさんから電話がかかってきた者は高確率で死にます、問答無用のデスコールです。メリーさんとは元々西洋の人形で、とある女の子が大切にしていたのですが大きくなるにつれほとんどかまう事もしなくなりました。挙句には引っ越しの際処分してしまった事が、この呪いの引き金になってしまったという流れです。

その処分の仕方が人形供養だったらときっと嘆く人も多いはずです、とりあえず無造作にゴミ捨て場に放置された人形メリーは復讐心に燃えました。

それからどうやってかけているのか受話器を握りしめ鬼電話の日々、少女はイタズラだろうと思って放置していました。が、この電話…何かがおかしいと少しづつに気付き始めるのです。

◆対処法は無し?絶対絶命の受話器の向こう側

メリーさんは電話に出るたびにどんどん距離をつめてきます、あの有名な言い回し「私メリー、今あなたの後ろにいるの」で人生にチェックメイトされます。

じゃあ電話に出なければいいじゃないとなるのですが、最近のメリーさんは強引に描かれていて電話を無視しても色んなSNSを駆使して結局は家に転がり込んできます。

殺意のないただの可愛い人形のままだったらコレクターなどにはとても大事に保管されそうなところですが、この殺伐とした性格が彼女の全てを狂わしているのでしょう。

まあ最終的にこの話は、どんな物でも最後まで大切にしろという戒めから生まれたものだと思っています。

検索