人形を処分したいのだけれど

人形はもちろん大切に扱ってきたものには念がこもるといわれています、日本では万物には精霊が宿るという古くからの考え方もありそれを付喪神などと呼んだりしてきました。

しかし生活していると私物というものはどんどん増えていきます、ここで整理整頓をきっちりしないと物が捨てれずゴミ屋敷になってしまうのです。

◆役割を果たした人形を供養して処分する場合は

人形供養で検索すると近くの神社やお寺の情報が出てくると思いますので、どうしても気になってしまう方はぜひ調べてみてください。供養費用の詳細などが記載されているはずですので、しかし最終的にはあなたの気持ちの問題です。

お金をかけて供養せずとも今まで有難うの感謝の気持ちを忘れなければ、無暗に恨んできたりなんかはしないのではと私は思います。ホラー漫画やテレビの影響でそういう恐怖が定着してしまったのも、また問題なのかもしれません。ようするに物を大切にしましょう、という元々はそういう戒めなのです。

そして無理に捨てる必要もないはずです、いらなくなってしまった人形を手放すもう一つの方法としてはぬいぐるみなどの愛らしい物なら児童施設などへの寄付という形でクリーニングしたあと壌土してみてはいかがでしょう。あなたの人形にもし心があるなら子供たちと触れ合いたいと思っているはずです、日本だけでなく海外の施設もそういうリサイクル壌土を快く受け入れてくれる場所は存在します。

検索